体脂肪率を計る体脂肪計


手軽に使える体脂肪計とはどんなものでしょうか。


家庭用として一般に普及してきているのが、インピーダンス法を用いた測定法を利用した体脂肪計です。


インピーダンス法とは、軽い電流を体に流して体内の水分量を測定して体脂肪率を測定する方法です。


これは、体の中の水分は電気を通しやすいが、脂肪は電気を通しにくいことを利用して、電気抵抗の大きによって体脂肪率を割り出す方法です。


体重計機能と体脂肪計機能が一緒になった一般的な家庭用体脂肪計では、具体的には体重計(ヘルスメーター)に乗るのとおなじようにして素足で乗り、極板に足の裏をつけてそこに電流を流し、人体のインピーダンスを求めます。こうして体脂肪率を測定します。


でも、体内を流れる電流は一様ではないので、厳密にインピーダンスの測定結果=体脂肪率というわけではありません。家庭用の体脂肪計の測定結果はあくまで目安とてみるのがいいでしょう。


人体のインピーダンスは1日のうちでも変化がありますから、体脂肪率を測定するときはいつも同じような状況で測定するようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。